2023.10.28(土) 辛い現実から目を逸らさないために

しっかり見る。
石川優実 2023.10.28
誰でも

こんばんは。石川優実です。

昨日は落ち込んだレターを送りました。最近はそういうものが多いです。ただ、そういうレターを送ることに罪悪感を持ちたくないし、謝罪もしたくない気持ちです。

これが性暴力にあった一人の人間のその後の長い人生だということを、きちんと記録しておきたいし知ってもらいたいからです。

ネガティブなことを書き続けると、発信を読んでもらえなくなるな、と感じています。Twitterだったらフォロワーが一気に減ったり、昨日のレターも登録解除者が多かった。そういう経験をしているのは、多分自分だけではないと思う。

性被害に遭って精神を病んで、病んだ心をそのまま発信し続けていると、最初の頃はいいけれど途中からなんとなく「いつも暗く愚痴っている人」というような扱いをされ、まともに文章を読まなくなる。その結果、それ以外の訴えも目に入らないようになる。

でもなんでいつも暗く過去のことを書いているかって、それだけ長くその人の心を蝕んでいるから、という事実があるということを忘れがちです。

ネガティブな発信から目を逸らしたくなる気持ちはわかります。私自身、以前はそうでした。被害のことについて延々とSNSなどで書いている人を見ると、どうも居心地が悪くなってしまって、フォローを外したりあまり内容を読まないようになっていました。

「また言ってるわ」と、口にはしなくても心で思って、その人がなぜそうなっているかについて思い至っていなかった。

私の場合は、他人を通して向き合わざるを得なくなる自分の状況から目を逸らしたかったのかもしれない、と思う。見続けていたら、自分についても考えないといけなくなってしまう。

自分は性被害にあったけど今は健康で、被害自体は酷かったけどその後人生をそれなりに健康に問題なく生きてきていると信じていたから。

でも、本当にそうだったのだろうか?

他人に対して向けていた「また言ってるわ」を、私は同じように自分にも向けていた。それはイコール、「あなた(私)の被害は大したことがない」という大前提があったように思う。私の被害は、今後の人生を壊されるほどの酷いものではなかったでしょう、と。自分が受けた被害で、自分の心身がおかしくなっていることを直視できなかったのだと思う。見たくなかった、気がつきたくなかった。大したことがないものであって欲しかった。あんな被害なんかに、自分の人生を壊されてたまるかと、どこかで思っていたように今は思う。

それに、たくさんたくさん「被害者ぶるな」とも言われた。だから無意識に被害者ではないと思うようになっていたとも思う。口では自分は被害を受けたと言えていたけど、心の奥底ではずっと自分を責めているし、いつまで経っても「あなたは何も悪くない」に納得しきれない。

そうやって私は、自分の心身の状態から目を背けて生きてきたと思う。ずっと死にたかったし、起きられないこともあったし、人がたくさんいる場所に行くとしんどくなったり、夜になると耐えられなくてお酒を飲んでいたし、邦画は観れなくなっていたし、ずっとおかしかったのに。

暗く悲観的な被害者と自分は違うと思いたかった。思いたかっただけで実際はそんな状態を見て見ぬ振りをしていただけだったので、お酒をやめてそれを麻痺させることができなくなって、ジャニーズのニュースが連日流れる中でフラッシュバックも酷くなって、調停で正面から向き合わないといけなくなったこの今の時期に、溜まっていたものが爆発したのだろうな、と思う。

***

でも、暗く絶望していることを書くと人が離れていく、話を聞かなくなっていくということが続くと、人は暗く絶望していることを表明して行かなくなってしまうんじゃないかと思う。なんとなくポジティブな言葉でコーティングして、本当のしんどさが表に出てこなくなってしまうのではないか、と思う。

その結果、性暴力被害者のその後の症状があまりにも軽くみられているのではないか、と感じる。

今回自分が症状を自覚して、あまりにも被害の後遺症で苦しむ人へのサポートが少ないと悲しくなっている。

精神的にも金銭的にも、被害に遭っているから普通の働き方ができないとかそういうことが少なくないのに、フリーランスは休むための保証がない。被害に遭ったから色々なことにお金を使わないといけない部分が少なくないのに、貯金をしてないのは自己責任とか言われる。

お金がないとか動けなくてしんどいとか死んでしまいたいとか口にしたくない。自分が情けないし自分を責める気持ちでいっぱいになって、余計死にたいに近づくから。でも口にしないとこの問題点はこの先もずっと表に出ないまま、取り上げられないまま何も変わって行かない。だから書く。助けてほしい。被害に遭った人のその後のサポートをする仕組みを作ってほしい。性暴力は多くが犯罪と認められないから、被害者支援が受けられない。

被害のことについての取材はとても多い。だけど、その後のことを考えてくれる人は多くはなかったと思う。どうしても被害に遭った時のことの話になるのはわかる。

でも、被害者のしんどさは被害に遭った日からスタートして、その後ずっと続くこと、それに被害者自体が自覚していないことが多いことをもっと触れて欲しい、教えて欲しかった。

ジャニーズのことでその後の被害者のことがたくさん報道された。女性のことももっと伝わってほしい。

***

わざわざ私に自分がアンチであることや、私のことを嫌いだと言ってくる人がたまにいます。

それ、私は知りたい情報ではないのでやめてもらえませんか。

お互いに知ってる人間同士でもそういうことしますか?

長い間、全然知らない人間から一方的に言われる人間の気持ちになってください。

自分がこんなに沢山の人から嫌われてると一方的に伝え続けられて、自分は生きててもいいんだと思える人っているんですか。

#今日褒め #3goodthings

  • 少し遅めだけど起きれた

  • ご飯食べれた

  • お風呂入れた

石川優実

「石川優実ニュースレター「for myself」」をメールで読みませんか?

無料で「石川優実ニュースレター「for myself」」をメールでお届けします。
コンテンツを見逃さず、購読者限定記事も受け取れます。